東西線南行徳駅下車 人生相談 占いの部屋アナルカリ

ABOUT

立夏のプロフィール

30代のOL時代、人と違う世界をのぞいてみたくて、占い師養成講座に通いだす。
当時はカウンセリングタイプの占いが全盛期。
なんとなくそのスタイルになじめず、若干煮え切らない思いの日々を過ごす中、インド占星術に出会う。
カウンセリングタイプ占いとは全く違う、「結果を断言」スタイルに魅了され、独学で研究を。

00年、夜と土日だけの占い師の仕事を始める。

03年 占い師として稼いだお金をためて、GWにインド一人旅。
これが人生で大きなターニングポイントに。
とある占星術師に
「君は日本に帰ったら専業占い師になることだろう。迷わずOLをやめて占い師になるが良い」
と告げられ。
果たして、ある占い館から、スタッフが足りないから来て欲しいとの連絡。
安月給では歩けれど、安定したOLの身分は魅力的、だけれどもインドの占い師さんの言葉が引っかかっており、思い切って転職。

12年 南行徳に、自分の占いの部屋「アナルカリ」を開く。


出版 執筆

the GITA deck解説書 執筆
サリーのダーキニーオラクルカード 制作
DAKINI ORACLE解説書 制作
魂のヴィムショタリーダーシャ 執筆


今後やってみたいこと

サンバと黒人密教についての研究本を出してみたいです。
とはいえ、これはこれは研究している人がほとんどいないし、黒人奴隷たちの故郷アフリカ西海岸では古い時代の言葉が忘れられているという話。
もしかしたらライフワークになるかもしれませんし、情報を集めても執筆途中で未完で終わるかもしれません。夢は大きいほうがいいといいますから、とりあえず大きな夢を語って見ました。

↑ PAGE TOP